days in Russia

赤ちゃん連れのドモジェドボ空港

先日のシェレメチェボに続き、今回はJALが発着しているドモジェドボ空港について。

今回も7ヶ月の娘を連れての利用でした。

先ず、前回同様にWebで子供用の設備を事前予習。
どうやら出国後にキッズルームはあるみたい。

と言うことで、当日はそそくさと出国手続きを済ませてキッズルームへ。
が、しかし、そこは…まさにキッズルーム、と言うかプレイルーム。
子供達が走り回ってます!
そして、設備は遊具のみで他には何も無い!!
授乳なんて全くもってできません008.gif

暫くそこで様子を見てみたものの、まだ歩けない娘にとっては危険でしかなく、早々に退散。
そろそろ離乳食の時間なので、どこか座れる場所を探し、ゲート前のベンチに移動。
持ってきた離乳食を与えました。
ちなみに、今回の離乳食は、水筒にお湯を入れて、フリードライの離乳食と残しても大丈夫な様に食器代わりのタッパーを持って行きました。
国際線は液体の持ち込み制限があるけど、ベビー用品は別!
保安検査の際にきちんと見せれば持ち込み可能です。

離乳食の後、少し授乳もしたい。
でもゲート前のベンチもあまり落ち着ける場所ではないので、再び場所を移します。
案内板に哺乳瓶のマークがあったので、行ってみることに。
辿り着いた先は、男子トイレと女子トイレの間に挟まれた小部屋。
中は便器(大人サイズ)が一つ、広い洗面台が一つのみ。
なぜここが「哺乳瓶」マークなのか全く理解できなかったけど、中から鍵を掛けて利用する事ができるので、一応個室の役割は果たしていました。
仕方ないのでそこで授乳&オムツを交換。

搭乗までまだまだ時間はある。
授乳後なので小腹も空いた…
ドモジェドボ空港のカフェはどこも超空港価格で普段は利用する事が無いのですがこの日は特別に行ってみました。
すると、そこにはベビーチェアがあるじゃないか!!
娘を椅子に座らせ、持参したおもちゃや絵本で遊ばせて時間を潰しました。

結論としては、空港には赤ちゃん用の設備はかなり乏しく、一番便りになった(使えた)のは、コーヒーマニアだったのでした。


プレイルームで微動だにしない娘
この後、ロシア人の小さな女の子にまるで子猫を触るかのように撫で撫でされていました (笑
[PR]



by choc-cake | 2015-07-02 02:01 | 子育て

ロシアでの暮らしで見つけたあれこれ備忘録とロシアでの子育て奮闘記
by ちょこ
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

最新の記事

海苔巻きロール
at 2016-05-16 19:34
世界の離乳食 (おやつ)
at 2016-04-26 20:41
ちょっと美味しいバー
at 2016-04-21 14:27
子供と二人ランチ
at 2016-04-16 01:58
ベーグル
at 2016-03-21 17:24

ブログジャンル

画像一覧